枯草の中で虫たち春を待つ


寒さが戻ってきました。昨日の春一番はどこに行ったのでしょうね。空の上に舞い上がってしまったのかしら。
雪降りになりました。
雪の前の畑の様子。

深ネギ。今鍋に必要欠くべからざるこの白ネギ。とろりと溶けるようなおいしさまで煮ます。体の芯からあったまります。今年はちょっと細身ですが、根っこはしっかりと白く長いので大丈夫。おいしくいただいておりまず。いつもなら持って帰って家の庭に埋めるのですが、今年は畑に置いたままで、必要な時に取ってきて、余ったら中が黒い袋に入れておきます。すぐ又使うので、これでもちます。
画像

ホウレンソウ。
まだ小さいので取ろうかやめようか悩むところ。ビニールの温室で作っている本格農家からもらった大きなほうれん草があるので、我が家のこの小さいほうれん草はもう少し大きくなってから収穫しようと思います。でもなかなか大きくならないのです。待っていて春になったら薹が立つかも??・
画像

ソラマメ
冬を越すにはちょっと大きくなりすぎていますが、雪に耐え寒さに耐えてべたっと広がっていますが、暖かくなると起きてきて安心させてくれます。芽かきをしなくても脇芽が4.5本です。これからの雪で折れたり、凍ったりするので、このままにして元気なものが何本残るか見てから整枝します。
画像

鹿に食い荒らされた大根
上の葉っぱはもちろんのこと、大根を引き抜いて、かじってます。
この大根は最初、虫にやられて大きくならずのまま畑に放置していたのです。そのうち寒くなって虫はいなくなり、新しい葉が出てきていたのですが、またこのように鹿にやられてしまいました。大根も小さくて鹿には手ごろな食べ物だったのでしょうね。
画像

雪にやられてしまったカリフラワー
もっと早く植えて大きくしていたら、雪の被害が来る前に食べていたのですが、まだ小さいので・・・と待っているうちに、寒さにやられてこのように茶色くなってしまいました。真っ白なきれいなカリフラワーだったのですが。まあこの時植えたカリフラワーは12月ごろたくさんいただきましたから、これはあきらめられます。
画像

巻いたレタスと巻かなかった白菜
蒔いたレタスは、この後収穫して、しゃきしゃきっといただきました。巻かなかった白菜はこのまま放置してつぼみを待ち、つぼみをいただきます。おいしいお浸しになります。
画像

冬の畑はさみしいです。虫たちも花たちもいません。枯草が覆っています。鳥がやってくるだけです。冷たい風が吹くだけです。それでも春ばあちゃんはときどき畑にやってきます。春にはどこに何蒔こうかなって考えるだけで心がわくわくしてくるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント