やわらかき芹の葉摘んで帰る野辺


雪の予報がなんといい天気、晴れてますよ。
3連休は初畑仕事連休かな。
画像

 今日は鍋底畑に行って、ホウレンソウの草取りとボカシ肥やりをしました。
暖かですが、ほうれん草はあまり大きくなっていません。周りの草を取って、自家製ボカシ肥をやっておきました。隣の畝のタマネギは大きくなっています。シカに食べられたところからも新しい葉が出ていました。
 土手下畑は冬の間放置しておくのですが、イノシシ君がせっせと耕してくれていました。サツマイモ後をあさっていたようです。そのイノシシ君の耕した反対側に、穴を掘って、生ごみ堆肥を埋めました。堆肥と言っても水を切って糠をまぶしただけのものですが、ここは夏野菜を植えるとこなので今こうして生ごみを埋めておいても5月までに堆肥化してしまうでしょう。
 年末忙しくって種の注文をJAの分はしたのですが、いつもしている自然農法国際研究開発センターの分を忘れていました。ここの種はここで栽培採種しているのです。この種を蒔いて育てた後、種取りができるのです。タキイやサカタのF1の種は、それを蒔いて育てた野菜がよくっても、その種を育てても親とおなじ様にいいのができるとは限らないのです。自然農法の種は、ほぼ親と同じ様にできるということですので、やがて種を買わないで自分の畑で取れた種でやっていこうと思っている私はここでよく種を買います。
今年の注文
・キュウリ「バテシラズ3号」「バテシラズ2号」 交配種
・トマト[自生え大玉」 自家採種素材
・ナス「紫御前」 交配種
・ピーマン「自生えピーマン」 自家採種素材
・ニンジン「筑摩野五寸」 固定種
・レタス「エルワン 固定種
・インゲン「越谷インゲン」 在来種
画像

カボチャはすでに自家採種の種がたくさんあります。
自分の地域で育ちやすいものに変わり、美味しいものを選んでいけるので、自家採種は楽しみのある栽培方法です。
画像

そしてこれからの栽培記録は、野菜だよりの付録の「菜園スケジュール帳」に記録を残していきたいと思っています。去年はこの付録の付く野菜だより冬号を買わなかったので、家計簿ノートに記録していましたが、いろんな記録と一緒になり、分厚いので扱いにくく、やはりこの菜園だけの記録が欲しくなりました。それまでは数年このスケジュール帳を使っていました。いつ何をしたかがわかるので便利です。
画像

次にやることは、菜園の今年度の野菜栽培予定地をきめることです。これも楽しみながら苦しみながらやっていきます。
畑や裏庭に芹が大きくなってきています。芹はこの寒の頃が香りが高く寒芹といって、おいしく食べられるそうです。少し取ってきて汁の具にしました。根が白いのが食べられる芹です。毒芹は根が緑色とかで見分けて食べないようにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント