初挑戦 たくあん漬けって簡単じゃん


長い間のためらいが、この大根に染みついてしわしわ大根になっています。
何日間干していたのでしょうか。もうへなへなで、しの字どころがのの字になっています。
ドラマの「天地人」でキムチをおいしそうに漬けていますが、私はやはり、沢庵漬けか白菜漬けがいいですね。、
上手くなったら奈良漬を漬けてみたいですねえ。しかし、面倒そうでなかなか・・・。
よし!
ためらいを捨てて、このよく干されている大根を漬けることにしました。
でもわからないので、「たくあん漬けの素ツカルゲン」をJAから買ってきました。お母様の愛用の素だそうですので間違いはないでしょう。
用意したもの
➀干した大根。葉付きで干したのですが葉はもう使えません。きれいに枯れてしまいました。測ると13キロ。
②粗塩1キロ
③米ぬか300g
④昆布・鷹の爪・玉ねぎ2・ゆず3の皮
⑤たくあん漬けの素。買ったのは60キロ漬け用100gなので、今回は13キロなので、約5分の1の20グラムを使います。
⑥プラスチックの樽と重し。空いたプラスチックの樽を使おうと思ったら、小さくてみんな入らないので、もう一つホーローの樽があったのでそれを使いました。
⑦漬物用のビニール袋
画像

画像

やった順序
➀塩・ぬか・素・ゆずの皮を切ったもの・昆布を切ったもの・玉ねぎを切ったもの・鷹の爪切ったり切らなかったり
したもの…これらを混ぜます。
画像

②樽に大根をびっしりと隙間なく詰めます。➀の混ぜた物を振りかけてまた大根を隙間なく並べます。又降りかけて大根を並べます。
画像

上に行くほどたくさん降りかけるようにします。

ここでお邪魔虫がやってきて、鷹の爪は切って入れなくては駄目だとか玉ねぎは少ないからもう一つ切って入れろとか、偉そうに指図します。「こっちはもうやっているのだからそう思うなら自分でしてください」と言うと、自分で鷹の爪を切ってきたり、玉ねぎを切ってきたりして、一緒に糠たちの中に混ぜてました。
画像

ここで、一つの樽に入らないことがわかりました。そこでもう一つのホーローの樽を持ってきて、もう一度詰め直し。降り掛けはもういい加減なことになりました。
あっと言うの忘れてました。樽にはビニール袋を入れて、大根はその中に並べています。
こうして2つの樽いっぱいにつかりました。
画像

ビニール袋の口を畳んで、よいしょ、よいしょと、漬物小屋に持っていって、重しを乗せました。もっと重いのを乗せなくてはいけないのでしょうが、とても重くて持てないので適当でいい加減な重しです。
画像

これは、23日のことです。
月末になったらどうなっているか見てみましょう。
えらい簡単にしてしまいましたが、人がするのを見ている時には、もっと何やかや入れたような気がするのですが????

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント