苦手でも育てて食べたいほうれん草


ほうれん草を上手に育てられないのですが、やはり冬にはほうれん草がおいしくなりますからぜひ食べたいのです。土が酸性だったらだめだそうなので、この前乾燥剤の生石灰を撒いたところに、牡蠣殻石灰も蒔き、耕しておいといたのですが、そこにいよいよほうれん草を蒔きます。
ボカシ肥を撒いて、軽く耕して土を砕いてレーキーで表面を平らにしました。
そこに支柱の棒で2列溝をつけ、種を一粒一粒丁寧に置いていきました。
種は日本ほうれん草と次郎丸です。どちらも昔からあるほうれん草で、根っこが赤くて、葉っぱの厚いものです。寒さに当たるとおいしくなるのです。
画像

するとその畝の上で脱皮をしているものがいます。
画像

初め脱皮と思わず、変な虫がいると思ってよく見ると背中に黒いものを背負っている、もっとよく見ると一生懸命小さな足をいっぱい動かしながら出ようとしていました。一匹のアリが気になるのか何度も寄ってきています。アリのえさになるにはかわいそう。アリを追っ払ってやりました。
画像

なかなか殻から出られません。殻は土の色と同じで分かりにくいですが、体にくっついて左の黒いところが殻です。じっと何時までも見ているわけにいかないので、種まきを続けていきました。全部種を蒔いて土をかけて鎮圧してから見ても、まだ脱皮は終わっていませんでした。
これは野菜にとっては害虫になる虫ですね。でも、必死で脱皮している様子を見ると、つまんでぽいっとできませんでした。土の中から出てきた虫はつまんでぽいっと道とかに放り上げるのですが。
どうかこのほうれん草がうまく大きくなりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント