たおやかな 細身の玉ねぎ 良き苗よ


紅葉がきれい。あちらを見てもこちらを見ても赤や黄色、オレンジと。
この前早生の玉ねぎ苗(ソニック)を衝動買いして植えました
自分の作った早生の苗(絹てまり)も植えなくっちゃあ遅くなってしまいます。
細いなあと思いながら取ってみると案外しっかりとしています。
小さいのもみんな取ってしまいました。
それを村中畑に持って行って、ソニックの続きに植えました。
画像

長さが15センチ以上欲しいのですが、15センチになってないものもあります。
太さはちょうどいいですねえ。細身だけどこんなもんです。
5列で植えています。株間は10㎝でも大丈夫ってヒゲおやじ殿にお墨付きを頂いたので安心して15から10センチぐらいで植えています。
大きい苗は大きい苗の仲間で植えて、残った小さい苗は小さい苗の仲間でうえています。
混ぜてしまうとどうしても小さいものが負けてしまうからね。弱い者にはいつも心配りをしなくっちゃあ。
画像

9月8日に蒔いた苗をとったのですが、何とほぼ100苗でした。正確に言うと108苗、1年の煩悩の数と同じですね。
早生玉ねぎは、買ったソニックが100苗、育てた絹てまりが100苗、合わせて200苗。ここからいくつの玉ねぎが取れるでしょうね。早生は保存がきかないので、とれたてを食べます。新玉はやわらかくておいしいですよ。
画像


この玉ねぎ植えは11月18日の農作業でした。

今日のこと。
晩生のネオアースの苗の出来を見に義母畑に行ったのですが、どうもまだ小さいようで、大きそうなのを数えても200も無いようなので、無ければ買うっきゃない!と園芸店に行きました。
ここはとても良心的な店で、この地方に適した植える時期に合わせて苗を出しているし、値段もずっと据え置きしています。消費税に便乗するようなことはしていません。100本で500円のままでした。
でも残念、ネオアースはもう売り切れていました。仕方ないのである苗の中から一番保存のきく「もみじ」を選んで200本買いました。隣に赤玉ねぎの苗がありましたので、30本買いました。赤玉ねぎはオニオンスライスやサラダにいろどりとして入れるときれいです。
本当は、同じネオアースを買って私の苗と成長を比べてみようと思っていたのですが、まあしかたないです。もみじと比べてみましょう。
植えるところは、鍋底畑です。10月初めころに元肥を入れて耕し、黒マルチを掛けてありました。
今日はその黒マルチを取って、米ぬかで作ったEMボカシ肥を撒いて、軽く耕しておきました。
明日そこをレーキーで均して、穴あき黒マルチを張って、明後日かその次の日に「もみじ」を植えたいと思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント