雑草を かき分け進む 農の道


手のしびれも治ったのでまた今日は草刈り機です。
振動がすごいので、毎日草刈り機を使っていると、手の神経が参ってしまわないかと心配なので
とばしとばしで草をやっつけることにします。
今日は鍋底畑です。
周りの畑や道が畑より高くなってまるで鍋の底のようになっている畑です。
画像

ごらんのように草ばかり。とても畑とは思えません。
ここは入り口を入ったところ、野菜を作っている所ではありません。
電気柵の外側です。電気柵も草に埋もれていますね。
電気柵の電線が草に触れたら電気が流れてしまい効果がありません。
でもいいのです。ここは今電気を流していません。
他の畑がイノシシの被害にあったので、このバッテリーを貸し出しているのです。
でもここにはナスやシシトウ、サツマイモ、里芋が育っています。
草に隠れて獣たちからは見えないのでしょうね。
何も入ってきていません。不幸中の幸いでしょうか。
畑の様子はこうです。
画像

何がうわっているかなんてわからないでしょう。
畑なんてしんじられないでしょう。
今日本の中にこうして放置されている畑がどれほどあるか。
50年前にはきれいに耕されいろんな野菜が植えられていたのです。
今は山になったり籔になったりしている畑や田んぼがいっぱいです。
わが畑も例外ではないのです。
次の写真の3分の1の所に草にわずかながら筋のような境目があるでしょう。そこから左が私の畑、3分の1右が隣の畑です。隣はまるで放棄地に、みえるでしょう。ここには何とヨモギを作るのです。そして草餅を作るのです。おいしいヨモギの野性的な香りがするおもちです。近くのお店の方が作っていらっしゃいます。今はもう刈り取りが終わってしばらく放ってある状態です。また耕してヨモギを植えられますよ。でも今はこうして境目もわからないほどの草の茂り具合です。
画像


ここをこの草刈り機でやっつけます。画像
この機械は力は入らないのでいいのですが、振動と音がすごいから周りに目立ってしょうがないのです。
 まず、電気柵の周りを5往復して回ります。
次に電気柵の入り口から中に入ります。
そしてなにも植えてないところを刈っていきます。
画像

草が倒れていっている所とまだ草原の所がはっきりとしてきたでしょう。
サツマイモが草の中で育っていますので、そこは刈ることができません。
また、里芋や菊が植えてある所も避けています。
突然機械が、ガーガーギーギー。急ブレーキをかけました。
あっそうだ、かぼちゃを植えていたんだ。
皮をはがれたかぼちゃが一つ出てきました。
こうしてまた燃料がきれるまで、できるだけ刈れるところは刈りました。
トラ刈りです。
画像

あとは鎌で刈ります。
何もない所は、しばらくして刈った草が枯れてからミニ耕耘機で耕耘します。
ここにはこれから玉ねぎを植えを予定しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント