兄弟の 大小まじりて 芋を掘る


晴れ間が続いています。ジャガイモを掘らなければならなくなってきました。
昨年と違って植えてからの世話をあまりしていません。
草取り・土寄せをしていないのでどこにジャガイモがあるのやらという状態です。
土手下畑のダンシャクは前記事で紹介しましたので、今日はキタアカリとメークインです。
6月28日
鍋底畑のキタアカリ。
3月27日に植えています。ここは元肥入りです。切った芋と芋の間に一握りの3分の1の硫安とボカシ肥を置いて土を掛けています。
その後ジャガイモの華も確認しないままに日は過ぎて、時々草を刈ってやりましたが、ちゃんとした土寄せはできませんでした。テントウムシダマシがよくつくのですが、時時目についた程度でした。葉が枯れてきたので6月28日に掘り出すことにしました。
画像

たったのこれだけ!
と、わずか3、4個しか出てきません。
そんなばかな。と
孫が周りの方や深く掘って見ましたら、画像
ある、ある・・と少し出てきました。
でも、粒は小さい。持って帰って、2日寒日陰で乾かしてから量ってみると11㎏。なんと種芋5キロが倍になっただけでした。
掘った跡も草の畝、これを耕してあきものをうえるじゅんびをしなくっちゃあ。
画像


6月30日
村中畑のメークイン
これは、土中堆肥を秋に入れて準備万端整いましたといって植えたのですが、土中堆肥が深くなかったのではないかと不安になり、土中堆肥を入れた筋と筋の間に芋を置いていったのでした。画像
ここには元肥はやってません。2列に植えたのですが、西側の列は早く大きくなり花が咲きました。東側の畝はいつまでも葉が茂らず薄緑でした。もう駄目かなっと思っていると後半になって西側の花が終わってから緑色になり、花も咲きました。今は西側は枯れたようになっている刃が多いのですが東側はまだ元気な葉が多いです。一人で掘るのは大変なので、とりあえず西側の畝だけ掘ってみました。土中堆肥がどう効いているのか不安な気持ちで掘ってみると、おや、まあまあの大きさです。一種イモの所からまあまあの芋が5つぐらい出てきます。いい調子。
ここにはメークイン1.5キロの種イモを植えました。画像
乾かしてから量ってみると、14キロありました。約9倍になってます。土寄せ草取りをさぼった割にはまあいいかというところです。土中堆肥は土になっていました。卵の殻は砕けて残ってました。
あと、東の畝が残っています。こっちは出来が悪かったのであまり期待はできません。でも期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント