あせをかき 冬の鍋を思いつつ ネギ植える


去年は深葱苗は、お義母様のすばらしい苗をいただきました。
「もう植えていいよ」
といってもらって、作業に取りかかるのですが、
今年はお義母様は病気で苗は作ってもらったのですが、大きくなるのを見られず、退院して家に帰っても外に出られず、私が草を抜いたりして管理していたのですが、よその畑みたいな感じでつい気を抜いていたのでしょう、苗が大きくなりすぎて時期を逃がしたようです、先が黄色くなってしまいました。
ジャガイモを掘ったところに植える予定だったので、それを待っていたら遅くなってしまいました。
男爵を掘った土手下畑にまず植えます。画像
ここのジャガイモの出来はいまいちでした。ここはそもそもジャガイモを植える予定をしてなかったのですが、保存が利くというので男爵が欲しいと思ったのがキタアカリとメークインを植えた後、衝動買いでJAの売店から買ってきました。植える場所がなく、うろうろ探した結果、この土手下の前に里芋を植えていたところです。
草ぼうぼうの畝に穴を開け、ジャガイモを押し込みました。そして肥料も何もない草の中で育った芋なので大きくなってくれませんでしたが、虫にやられることもなく、かといって大きくもならず、早めに枯れて他の畑より早く収穫しました。もちろん最低のできばえです。でも、新じゃがとして歓迎されました。
①そのジャガイモを掘った後に溝を掘り、みのり有機肥料と米糠を入れ、土を被せ、2日おきました。
②義母畑から苗を取ってきました。
画像

③一本、一本、指3本か5本ぐらい空けながら根っこを埋めていきました。1列に100本。2列だから200本植えました。根っこには根があります。根と丸く膨らんだところが隠れるくらい浅く植えておきます。
④後ろは土にもたれていますが、不安定なので前に藁を敷いて落ち着かせます。
画像

このまま水もやらずに終了。
葱は強いので根っこを張っていくでしょう。
自立してしゃんとしたら、藁の上から土を少し掛けてやります。
冬の鍋に書かせない深葱これから土寄せをしてこの溝を埋めていきます。
まだ葱苗はたくさんありますから、もう一つの村中畑のジャガイモ堀りが終わったら、そちらにも植えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント