幾重にも衣重ねど汚水漏れ


来年の栽培に向かって、勉強しています。
自然菜園では自然の生き物たちの力が生かされます。
冬の間、表土を裸のままにしておくと土地は荒れ、生き物たちはその土に住むことができなくなります。
冬草を繁らせておくことがいいとあります。
隣の畑は野菜を何も作っていないのですが、草だけはきちんと絶えず生えています。背が高くなると耕耘してしばらくするとまた草が生えてくるという繰り返しをされています。今は草が生えています。うらやましい。
我が畑は、夏野菜が済んだあと耕して畝を作り次エンドウやソラマメやタマネギの苗がありますが、しかし何も植えてない畝もあります。草は生えていません。ジャガイモ地も土中堆肥をしたので耕されて草が生えていません。冬はなかなか草が生えてこないのです。
それでは、このまま寒風にさらされていて、表面が風化してしまいます。
表面を覆ってやるものは何がいいかなあと考えました。
刈り草があればいいのですが今はありません。そこで、前に刈って放置してあった枯れ草と取ってきた落ち葉を上に敷きつめようと思い立ちました。
画像

でも、ヒューヒューと風が強いです。こんな枯れ葉なんてすぐ飛ばされてしまいますね。そこで、その上から黒マルチを掛けることにしました。
横にちゃんと用意してあるでしょう。これは前使った穴が空いている黒マルチの再利用です。
隣の畝はほうれん草を蒔いたのですが、今小さな双葉の芽が出ています。でも春になると一斉にとう立ちしてしまうでしょうね。そこは籾殻が撒いてあります。この畝もほうれん草を撒こうかと思っていたのですが、寒くなり諦めた畝です。だから裸のままで放っておかれたのです。でもこれでは荒れてしまうと、気がついたのです。
もう一カ所はジャガイモ地、ここにも枯れ草と落ち葉を上に掛けました。そして黒マルチをしましたが、黒マルチが足りませんでした。畝の半分しか覆うことができませんでした。
画像

今日は遅く出てきたのでこれだけして帰りました。午後からは雨でした。
大地の神は女神様だそうです。だから裸にするといやがるそうです。何か素敵な衣を着せて上げてください。
それに対して、幾重にも衣を着せ、覆いをし、囲んで必死で隠しても、漏れ続けている放射能汚染水、今も海の中に漏れ流れ続けているのですね。恐いことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント